予防歯科​

虫歯はかなり進行してから痛みを感じることが多く、痛みを感じたときは神経をとる治療が必要なことがほとんどです。

歯の神経には血管も通っており、神経をとると血液が来なくなって歯の質が弱くなり、色も変わって暗い感じになってしまいます。

できるだけ神経をとらずに済むことが大切です。

予防のために半年に一度の定期検診をおすすめします。

歯槽膿漏(歯周病)は知らない間に進行していることが多く、症状は改善できても、もとの状態に戻すのはほぼ不可能になります。

今のご自身の歯茎の状態を把握することが

重要です。予防のためにも半年に一度の定期検診をおすすめします。

フッ素の虫歯予防
​歯の生え変わり直後は歯の表面が未完成で、虫歯にもなりやすいです。
その反面、フッ素の薬も効きやすい状態です。
中学生くらいまではフッ素による虫歯予防がおすすめです。
シーラントの虫歯予防
シーラントとは、奥歯の溝を削らずプラスチックを詰めてなくし、汚れがたまらないようにする虫歯予防です。
大きい奥歯に特におすすめの予防治療です。

TOPへ戻る