​マウスピース矯正 65万円

​月々2万円から分割払い可能

​歯並びで気になる所があったら、まずは無料相談を

当医院の矯正治療は大学病院の矯正科の専門医の治療です。

​BEFORE

before1.jpg

​AFTER

after1.jpg

矯正治療の種類

一般矯正(ワイヤー矯正)

ワイヤー矯正.jpg

​インビザライン矯正

(マウスピース矯正)

インビザライン1.jpg
インビザライン2.jpg

​舌側矯正

リンガル矯正.jpg

一番多く使われていて、適用範囲が最も広いのは一般のワイヤー矯正です。ほとんどの方がこの方法で矯正治療を行っています。マウスピース矯正は今一番注目されている矯正治療で

・矯正治療をしているのが分からない

・食事の時、装置を外して食事ができる

・歯ブラシの時、外して歯ブラシができる

と、良いことずくめの治療方法です。しかし、歴史が浅く、適用できないケースがあるので十分な診断と相談が必要です。舌側ワイヤー矯正は、見た目は一番良いですが他の事に関してはすべて劣りますので、特別なケースで使用されます。

成人矯正
上記の矯正治療
永久歯が生え揃った後の治療
中学生位から60歳前後
小児矯正
乳歯がまだ残っていて生え変わりの途中の時期の治療
小児期の矯正には大きな意味があり、あごの成長を促進・抑制したりするので、成人矯正だけで治療するよりも理想的な矯正治療を行うための前準備ができます。
 
小児矯正の経過・結果が大変良い場合は小児矯正だけで終わる場合も多いです。
 
成人矯正とは違い、ワイヤーを使わずに取り外しの入れ歯のような装置を使い治療することができます。
​☆宮間歯科医院で子供の矯正治療がオススメな理由
①子供の矯正治療は子供用の治療で良くなるケースだけでなく、大人用の治療に移行して治療する必要があるケースも多々あります。​この時に、大人用の治療費は、子供用の治療費を差し引いた額になりますのでご安心ください。

②子供用の治療を始める時期は上下の前歯が4本ずつ生えたタイミングになります。このタイミングで歯並びの予測ができるため、治療をした方が良いかどうかの判断ができます。子供用の治療から行うと抜歯をせずに矯正治療が行える可能性があります。

心配な時は、ぜひ無料相談で相談してください。